かゆみのある犬の皮膚炎│臨床用の新薬を試した結果

ファヌム 新薬 治験住まいと暮らし

新薬Aを試したら、かゆみが治まり脂漏性湿疹の改善が見られ始めた?

FANUM-植物とアロマのある小さな暮らし

ワンコの脂漏性湿疹の治験に参加していると、先日ブログに記載しました。

その後、どうなったかと言うと。


関連記事はこちら

※単純に治したい一心なのでボランティアで治験に参加してます


その後約1週間、『新薬A』を試したところ、劇的な改善が見受けられました。

※あくまで飼い主の主観で、研究結果に影響するかはわかりません。

特に改善したと感じたのは、背中の部分。

数で言ったら5か所ほど湿疹ができていて、かゆみのせいで掻きむしっている様子が痛々しかったのですが、この1週間はその様子が減り、数も増えていません。

湿疹あとのかさぶた状態からほぼ鎮静化していて、探すのもやっとな感じになりました。

一番重症の腹部には、赤く腫れあがりかゆみを伴っていた湿疹があったのですが、今は数も減りかゆみもだいぶ治まっているようです。

「写真を撮るから、お腹見せて」と言ったら、喜んで見せてくれました。



腹部の毛も、つやが出ていい感じになってきました。

まだ完全とは言えなく、たまにかゆがって舐めてしまうので、カラーをつけて舐めないように気をつけています。

正直なところ、こんなに改善が見られるとは思っていませんでした。

このままずっと新薬Aを使いたいところですが、次は『新薬B』を試さないといけません。

できれば、新薬Bで完治に向かって欲しいところです。

家族に新薬治験のことを話ししたら、当たり前ですがとても心配されたので結果良好で一安心。

新しい薬が認可されたら、脂漏性湿疹に悩んでいるワンコにも効果があるといいなーと思います。

 

 

それでは、今日も良い1日を。

コメント コメント

  1. […] 関連記事はこちら […]