自分で作る液体肥料と深紅のミニバラ

深紅のミニバラの開花植物と癒し

深みのある紅のバラに育ちました

FANUM-植物とアロマのある小さな暮らし

 

ほぼ毎朝、自分で豆を挽いてコーヒーを飲んでます。

ザッセンハウスの手挽きコーヒーミルは、25年経っても抜群に良い代物で重宝しているアイテムのひとつです。

 

おかげでコーヒー豆のかすが毎日出るので、数年前に肥料として使っていたのですが、使い方が間違っていたようで、コバエのような虫が湧くので諦めました。

当時はよく調べずに使っていたのが悪かったですね。

もう一度チャレンジしたら再利用できるかもです。

 

深紅のミニバラ

 

ミニバラの開花は今年4回目ですが、今までで一番きれいに咲きました。

 

液体肥料を自作して実験してみました

 

実は、1ヶ月ほど実験的に自作した液肥を与えてみました。

自作液体肥料は、卵の殻とバナナの皮を鍋で一緒に煮た「煮汁」のみ。

バナナの皮を煮ると、ふんわり甘い香りがするので作る工程も好きです。

 

本当はアロエも入れるとより良いらしいのですが、アロエが無かったので卵とバナナで作ってみました。

それでも、これだけきれいに深みのある紅色のバラが咲いたので、今度はアロエも入れたいと思います。

 

卵の殻やバナナの皮、コーヒーかすを利用した自作堆肥も作りたいのですが、虫を警戒してまだ作れずにいます。

虫がわかない方法を検索ですね。

 

野菜作りのためのアイテムを購入

 

今日はお仕事がお休みだったので、ホームセンターに行き家庭菜園用のアイテムを買いました。

購入品はこんな感じでいたってシンプル。

・野菜用の培養土

・プランター

・じょうろ

・こまつなの種

 

こんなのが欲しいとイメージしていたプランターがなく、今回は妥協しつつ納得したものを購入。

自分で好きな物を好きなように「DIY」できるようになりたいです。

 

プランター

 

こまつなをイメージしてディスキディアを置いてみました。

イメージトレーニングは大事です。

 

上手に育ったら、次の野菜にも挑戦ですね。

まずは第一歩から。

 

それでは、今日も良い1日を。