ヘデラ「白雪姫」を育てる グリーンのある暮らし

ヘデラ 白雪姫植物と癒し

←ランキングに参加しています

今日の観葉植物ひとこと日記

「白雪姫」という品種の「ヘデラ」を室内で育てています。

この子はキズタ族の別名シラユキヒメ、学名はHedera helix。

なんだか名前がたくさんあるけど、ひとまず私は「ゆきちゃん」と呼んでます。

 

ヘデラ 白雪姫

 

育てやすい観葉植物ヘデラ

FANUM-植物とアロマのある小さな暮らし

 

ヘデラは耐陰性が強く、わが家のようなちょっと薄暗いお部屋でも育てることができる植物です。

今の時期お水は2~3日に一度くらいですが、毎日の葉水はかかせません。

 

一般的なヘデラはお庭でも育てていますが、この「白雪姫」という品種は新しい葉が印象的。

雪が積もったような白い葉っぱが特徴で、緑の部分が斑という位置づけなんですよ。

 

ヘデラ グリーンのある暮らし

 

このまま白い葉で育つのかと思いきや、実は新葉のみ限定の葉っぱ。

日に当たっていると、そのうち普通の緑の葉になるそうです。

 

なので、白い葉っぱを観賞したいのであれば春と秋ごろに、育っている緑葉っぱをある程度刈り込むのが必須みたいです。

※全部の葉っぱを刈りこんだら光合成ができないのでご注意を。

つまり「強制的に新芽を出させれば、白い葉が楽しめる」らしいのですが、育っている葉っぱを刈るって勇気がいりますね。

 

わが家にはこの「白雪姫」が2鉢あるので、大きくなったら株分けしたり、刈り込んでみたりと、いろいろ試してどんな感じに育つのか観察したいと思います。

 

そう言えばこの「白雪姫」ですが、登録品種なので営利目的での増殖は禁止されています。

植物の特許みたいなものですね。

開発生産者さんの時間と手間とお金がかかっている品種のヘデラなので、増殖したものを営利目的で販売はNGです。

※メルカリとかヤフオクとかでは売れません。

なので「白雪姫」は正規ルートでしか購入できない希少価値のあるヘデラなのです。

 

基本的にヘデラはとても育てやすいので初心者さん向けとか。

少し個性のあるヘデラを育てるのも楽しいですよ。

 

 

それでは、今日も良い1日を。