根っからの楽天家 意識せずともかってに前向きになってしまうオプティミスト

割れた花瓶と雲竜柳住まいと暮らし

←ランキングに参加しています

今日の観葉植物ひとこと日記

関東は今週末も荒れたお天気でした。

以前の失敗を教訓に、屋外にいた小さな植物たちは室内に避難させていたけれども・・・

まさか、雲竜柳を置き忘れていたとは思いませんでした。

 

雲竜柳ころがる

 

 

風で転がってしまった花瓶と雲竜柳

FANUM-植物とアロマのある小さな暮らし

 

一瞬強めの風が吹いたとき、同時にお庭から「ガシャン」と大きな音が聞こえ、あわてて外を見ると。

雲竜柳が地面に寝そべり、母から譲り受けた大事な青春の花瓶が割れていました。

※「青春の思い出がつまった花瓶だからすてないで」と母が入院中気にしていたので、私が譲り受けました。

 

今年一番のショックな出来事だったけれども、割れた花瓶を見た瞬間、

「まぁいいか、アレンジしてアート作品作ろう」と即座に前向きに切り替わる、私の楽天家ぶりにあきれました。

 

 

割れた花瓶

 

 

私のことをよく知っている人は、「だろうねー」というと思いますが、物事に対してポジティブすぎていろいろ気にしません。

 

今回も、大事な花瓶が割れてショックだし悲しいけれども。

さぁ次どうしよう?と無意識に考えてしまいます。

 

自己分析するならば、悲しいという感情をまったく引きずらない鈍感なタイプというよりも、気分をコントロールするために目的が前に進むという感じ。

失敗してへこむという感情が薄いので、楽観主義者(オプティミスト)なのだろうと思います。

 

ちなみに、旦那氏は冷静な悲観主義者(ペシミスト)なんじゃないかと思ってます。

集中力があり物事をよく考えて、疑り深かったり否定的でもあり。

基本ネガティブで、最悪なことばかり考えたりする傾向があります。

 

私からすると、こういう存在がいると本当にありがたい。

そもそも最悪なことが思いつかないので、代わりに考えてくれると助かります。

なので、悲観主義者の人とは相性が良い気がするなーとかってに思ってます。

 

 

それでは、今日も良い1日を。