お庭にまさかのハチの巣!?作りかけの巣を自力で退治した結果

お掃除と整理

山とか森とか・・・人がいない場所での巣作り推奨

FANUM-植物とアロマのある小さな暮らし

 

小さなお庭にある1.5メートルサイズの小さな桜の木に、ハチが巣を作っているのを発見しました。

直径7センチほどの小さな巣に、4~5匹の大きなアシナガバチがいるのを確認。

ハチが私の目の前を横切ったときは、恐怖すぎてスローモーションのように見えました。

 

※リアルなハチの巣もハチ本体の写真も使うのが嫌だったので、急きょイラストで代用中。

イメージはこんな感じでのうのうと巣を作っていました。

 

 

蜂の巣駆除

 

嫌だったけど致し方なく、ハチの生態を調べました。

 

ハチは春先から初夏のころに巣作りをはじめるらしいです。

4月~6月ごろの時期はまだ作り始めで、小さい巣が多いので駆除するならまさに今。

 

最初は女王蜂が巣を作り始め、その後に働き蜂と共同作業を始めるらしく、あっという間に大きくなっていくのだとか。

秋には驚くほど巨大化するそうなので、夏の間はハチにとっては大忙しな季節なんですね。

 

ハチの生態

 

ハチの生態はなんとなくわかりましたが、さすがにお庭に巨大な蜂の巣ができたら困るので駆除を試みることに。

 

今回は巣が手の届く位置にあったのと、まだ小さなサイズだったので、駆除剤の代用品をスプレーしてあっさり駆除成功。

まずは数匹のハチを駆除し、1日たったころハチの巣を処分することができました。

しかし、蜂は同じ場所に再度巣を作る習性があるそうです。

今後の対応として、巣があった付近に蜂駆除剤をしばらく定期的にまくのが良いのだとか。

 

 

今回お家に、蜂駆除剤がなかったので急きょ「G専用Gジェット」を使用しました。

理系の旦那氏いわく、殺虫効果のある蜂駆除剤とGジェットは有効成分がほぼ同じだそうで、違いは噴射の勢いや噴射距離が違うことくらいなのだとか。

あまり詳しいことはわかりませんが、Gジェットを噴射したら、たしかに蜂はポロポロ地面に落ちていきました。

 

息子(次男)の引っ越しを手伝ったときに「要らないから処分してほしい」と言われ、引き取ってきたものが役に立つときが来るとは夢にも思わず。

数か月持っていたけど、出番もないからそろそろ処分しようかと考えてた矢先のことだったので、捨てなくて本当に良かったです。

 

今回は小さな蜂の巣だったのと手の届く位置にあったので、自力で駆除できましたが、本来なら素人が手を出すと大変危険です。

もし次に蜂の巣をみかけたら、自治体やプロの方に相談必須だなって思います。